月額料金が安くコスパに優れているワイモバイル

MENU

料金プランからみるワイモバイルの強み

出来るだけ安くスマートフォンを使いたいのなら、ワイモバイルがオススメです。

ワイモバイルのスマートフォンの特徴は、その利用料金の安さになります。

 

提供されている料金プランは3つあり、Sプラン、Mプラン、Lプランとなります。

Lプランは、月々の料金が5,980円でデータ量14GB、最初の1年間は4,980円でデータ量21GBとなります。

ワイモバイルLTE対応のスマートフォンでの料金プランとなりますが、テザリング料金もコミなので嬉しいですね。

通話料金は、国内通話なら10分以内、24時間通話無料となっていて10分以上の通話料は30秒/20円です。

 

またオプションでスーパーだれとでも定額に加入するこで、国内通話が何分でも回数無制限で無料になります。

Mプランも最安となる月額利用料金は3980円でデータ量が6GB、最初の1年間は2,980円でデータ量が9GBを利用できるプランですね。

 

おうち割光セットに加入するとさらに安い2,280円(1年間)になります。

通話無料は全プラン共通でテザリングに関しても料金はコミコミです。

最後にSプランですが、こちらは月2,980円でデータ量が2GBで最初の1年は1,980円でデータ量が3GBと格安。

 

おうち割光セットに加入するとさらに安い1480円(1年間)になります。

勘違いしやすいのは、割引になるのは最初の1年だけで、2年目以降はどのプランも1,000円の割引が無くなります。

料金的にはざっと書いた通りです。

 

携帯電話の3大キャリアの月額料金はおよそ7000円弱ですので、いかにワイモバイルが安価なのかは一目瞭然ですね。

高速通信における通信量制限の上限はプランによって違いはありますが、テザリング無料も考えるとワイモバイルのスマートフォンはかなりコストパフォーマンスが高いと言えます。

コストパフォーマンスから見た特徴

ワイモバイルのスマートフォンはコストパフォーマンスに優れています。

その最大の特徴は料金が安価なことです。

 

ワイモバイルのスマートフォンの最低月額料金は1,480円となり、大手キャリアと比較するとかなり安価ということが解ります。

大手キャリアのおよそ半額近くの利用料金であるのは、大きな特徴ですね。

 

また、スマートフォンの端末代金も、割引を適用すると実質0円で購入出来たりと、かなりお得です。

特にワイモバイルで提供しているスマートフォンはスペックそのものも高く、人気のiPhoneシリーズなども投入されています。

 

もう1つ、優れているポイントは、オプションのスーパー誰とでも定額です。

ワイモバイルのスーパー誰とでも定額は、月額1,000円支払うだけで、国内通話が時間制限なしで無料になるのはかなりお得です。

 

通信エリアも全国と広く速度も速いのが特徴です。

スマートフォンそのものの端末に関しても高スペックの物が揃っていますので、コストパフォーマンスはかなり高いはずです。

 

現時点でスマートフォンを安く運用したいと考えたら、ワイモバイルは候補筆頭にあげられると言っても過言ではありません。